2008年04月03日

医師で落語家の立川さん「笑って健康に」講演

県医師会の「みんなの健康講座」が23日、津市桜橋の県医師会館であった。メタボリックシンドロームを題材に、体質改善に取り組む男性のコミカルな物語を展開し「運動をするとまずブドウ糖、次に脂肪を消費する」といった豆知識も織り交ぜながら会場の笑いを誘った。

「ストレスが多いと血圧が上がる。笑いほど健康にいいものはない」と呼び掛け、らく朝さんは集まった約200人の聴衆を楽しませていた。

医師で落語家の立川らく朝(本名・福沢恒利)さんが「笑いながら学ぶ生活習慣病」と題して講演した。

東京で内科医として開業する傍ら、落語家としても活動するらく朝さんがオリジナルの「健康落語」を披露。

posted by gekiyasse at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 激やせ芸能人最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。